skip to content

過酷な環境試験

モトローラ業務用無線機は、無線機、バッテリー、充電器、アクセサリーのすべてに過酷な信頼性テスト(ALTテスト)を実施し、無線機の安全性と信頼性を証明しています。

Radio total System Test / 無線機総合システムテスト

無線機及びバッテリー、充電器、アクセサリーと共にテストを行い、正常動作を確認します。

  • 無線機の感度
  • 無線機、充電器、キャリングアクセサリーの構造的な相性
  • 5:5:90(通信比率)上での通信時間測定

信頼性(ALTテスト)

Untitled Document
落下テスト 振動テスト 静電気放電テスト


Temperature Shock Test(温度ショックテスト) 
バッテリーをセットした無線機を、-40℃から85℃の中に長時間放置し、その後無線機が正常に動作するかをテストします。

Drop Test(落下テスト) 
1m20cmの高さから様々な角度で6回ずつ7セット、合計して42回落下させ、衝撃による破損や無線機の誤作動がないかをテストします。

Dust Resistance Test(粉塵テスト) 
粉塵を無線機に撒き散らし、無線機内部への粉塵の混入による回路ショートがないかをテストします。  

Rain Test(浸水テスト) 
無線機に水を吹きかけ、バッテリーパックに水が浸入し内部の腐食による回路ショートがないかをテストします。

Mechanical Actuation Test(機構テスト) 
外部から無線機を圧迫し、バッテリーラッチの変形によるバッテリーの取り外し不能などの状態がないかをテストします。

Salt Fog Test(塩霧テスト) 
霧状の塩水を無線機に吹きかけ、接触部分に生じる腐食、インターフェース障害がないかをテストします。

Vibration Test(振動テスト) 
過酷な環境にも充分に耐え得るように激しい振動(様々な角度から12時間振動を与え続ける。)を加え破損等がないかをテストします。

Electrostatic Discharge Test(静電気放電テスト) 
プラスとマイナスの静電気を与え、無線機に影響がないかをテストします。