skip to content

モトローラ純正バッテリーについて

バッテリーは、無線機本体や充電器の性能に最も影響を与える重要な役目を担っています。
純正バッテリー以外を使用した場合、以下の症状が発生する恐れがあります。

  • 無線機の送受信性能の低下
  • 無線機の感度の低下
  • 充電した場合、満充電しない。充電が終了しない。
  • 安全性の低下

Untitled Document

絶縁対策

セル同士のショートにより発生する発熱や破裂等を未然に防ぎます。

不完全な絶縁対策で非常に危ないバッテリー 完全な絶縁対策で安全性の高いバッテリー

 

電気回路

限られたスペースに有効なフレックス基板を採用することで高品質と安全性を保ちます。

手作業による粗悪な配線のバッテリー 優れたフレックス基板を備えたバッテリー

 

スポット溶接プロセス

溶接時の熱ダメージおよび接続部分の高インピーダンス化による漏電や寿命の低下を防ぎます。

セルに分離の恐れがある貧弱にはんだ付けされたバッテリー セルにダメージを与えないスポット溶接されたバッテリー

 

モトローラ純正品外観

信頼性テストに合格しているモトローラ製品であることを証明するために純正品にはモトローラロゴが刻印されています。

モトローラロゴが刻印されていないバッテリー モトローラロゴが刻印されているバッテリー

 

 

 

ご案内


....................................................................................................................................................................................................................................................................
注意

純正品以外のバッテリーやアクセサリーを使用した場合は、モトローラ無線機本来の性能が低下する恐れがあり、これにより無線機が故障した場合は、保証期間内であっても保証対象外となる場合があります。 
また、日本国内のモトローラ無線機は純正バッテリー・アクセサリーと共に電波法に合致していることを証明する認証を取得している為、純正品以外で使用した際に、電波法に抵触する場合がありますのでご注意ください。